2018/12/02 11:24


浮世絵好きな私が気になる素材はアンティークやレトロな着物の袴着。
この色の組み合わせがイケてる!柄域が超COOL!から始まったアンティークの袴着収集。
良いなと思って集めたは良いけれどこのままじゃ使えない。。。持ってるだけじゃ勿体無い!!が嵩じてバッグを作り始めました。

もともとレザーバッグ のデザインをかれこれ16年ほど経験しており、うち3年はバッグ 職人さんの高齢化問題がきっかけで
私も作ることになりました。

物作りは大好きでしたが小学生の頃の家庭科の授業でミシンの下糸が何度やってもグチャグチャになったことがきっかけで
ミシンにはトラウマがあった上にしばらくぶりのミシンは職業用。。。
大きな工場に人がいっぱい並んで皆が黙々とミシンを踏んでいるあの本格的なヤツ。。。嫌な予感。。。。
けれど嫌だな、、、なんて言ってられず職人さんに弟子入り状態でミシンを踏むことになりました。

職人さんのこだわりは半端なく日々「ちゃうちゃう!こうや!こう!」と言葉にならないニュアンスを感じ取る毎日。
『んーー、こう?』『ん?これで良いの?』の毎日でしたがやり始めるとやっぱり楽しい&奥深い世界です。
形になれば嬉しいものでミシンのトラウマからも解消されました。

そんなこんなで月日が経ちふと自分で思うバッグを自分で売りたいと思うようになり完成したのが
この ★『学ランスタイルの袴着バッグ』★
昭和生まれの皆様で学ランでちょっと遊んだ経験ある方やちょっとバイクで戯れて見た方には懐かしいスタイルです(笑)
あれからすっかり大人になりましたよね(笑)
当時のスタイルをそのままにはちょっと厳しいですが大人になった分「おしゃれに当時を思い出させる」バッグでアートな毎日を
こっそり楽しむご提案です。

別名『つかみはOK !バッグ』営業の方にもオススメです。
絶対にあなたの事を忘れさせません!お顔覚えて頂けます!!
思うほど派手じゃないんです。持てばわかる、オレおしゃれかもと思わせるトートバッグ!
男性ファンの多いこちらのバッグは口コミにてじわじわと拡大中。
glance(グランス)バッグ で検索してみて下さい!!




Bag Sew&Paint

アンティークを楽しむ